Install this theme

woodturning-news:

woodturning-news:

ヴェルメック社の球用カッター

ヴェルメック社はオーストラリア、青い旋盤はヴィックマーク社VL300Sで社長同士は兄弟。カッターは超硬替刃式。旋回中心高さとカッターの高さは一致させる必要があり、旋盤のベッドから旋回中心の高さを購入時には連絡する必要がある。

北海道の札幌市と伊達市のVL300Sに上記商品を発送する機会があった。超硬替刃を1枚予備に添付してほしいとの依頼があり、同じヴェルメック社のデイープ・ホローイング刃物の超硬替刃と同じだと早とちりしていたのだが、違った。調べてみたところ、上記の球用カッターの替刃は直径8mmで、デイープ・ホローイング用超硬替刃は直径10mmだった。アメリカのハンターツール社の替刃で代替でき、上記球用カッターにはハンター#2替刃が使える。 以前、岐阜市の郷さんから依頼されて心響太鼓の鈴木さんから買った超硬替刃式刃物の替刃の流用を試みたことがる。ハンター社ヘラクレス超硬替刃式刃物に流用されていた直径8mmの替刃が使えるのが分かったが、元来はアーバテック社の超硬ウッドカーバーの替刃だったという。品質はアーバテック社のよりハンター社の方が高いので価格も差があるが、替刃式刃物は替刃の流通を続けてあげてほしい。何でも代理店だったO社が取扱を止めたので困っていた原因だそうだ。 一時、上記ヴェルメック社の球用カッターが関東地方のウッドターナーの間で盛んに使われて、用途開発を呼びかけていた。ヴェルメック社の代理店を継続しているので、ご入用の節は連絡してほしい。 090-7037-5124 鈴木直人
whatisindustrialdesign:

DINING TABLE / Rasmus Warberg DINING TABLE / Rasmus Warberg
posted by Whatisindustrialdesign

whatisindustrialdesign:

DINING TABLE / Rasmus Warberg image

image

image

DINING TABLE / Rasmus Warberg



posted by Whatisindustrialdesign

goodwoodwould:

Good wood - simple and clean lines - the ‘Lean Man Shelf’ by Frank Flavell for And Then Design. Love it!

kaguhinata:

小さなガラスショーケース

thedesignwalker:

B L O O D A N D C H A M P A G N E

thedesignwalker:

B L O O D A N D C H A M P A G N E

josephthompsonwoodworks:

Since I hit 4000 followers late last night it’s time for a giveaway to say thank you for all of your support! The prize is this miniature Black Walnut version of my first design, the Norah Stool. To enter: 1. Repost this photo 2. Tag me in the comments so I can see your entry 3. Be sure you follow me, I want to make sure it goes to a follower. Winner will be picked Monday Aug 11 at 5 p.m. EST. Good luck and thanks for participating! http://ift.tt/1sgHinV

josephthompsonwoodworks:

Since I hit 4000 followers late last night it’s time for a giveaway to say thank you for all of your support! The prize is this miniature Black Walnut version of my first design, the Norah Stool. To enter: 1. Repost this photo 2. Tag me in the comments so I can see your entry 3. Be sure you follow me, I want to make sure it goes to a follower. Winner will be picked Monday Aug 11 at 5 p.m. EST. Good luck and thanks for participating! http://ift.tt/1sgHinV

ideasgn:

Kai Table by Naoki Hirakoso and Takamitsu Kitahara

ideasgn:

Kai Table by Naoki Hirakoso and Takamitsu Kitahara

動的解析をやっていてもわかるのだが、
完全に整形な建物(モデル)というのは、
地震動にモロに感応してしまって、ブンブン揺れるのだけれど、
多少歪んでいたりすると、挙動が多方向に逃げてしまって、
若干、変形が小さくなる。
(専門的にはもう少しこまかい条件が付きますけど)

この「挙動を逃がしてしまう」というのが、
何を隠そう、伝統木構造の真骨頂なのだ。
残念なことに、
ほとんど大工のカンと経験に依存した手法なため、
いくつかは習慣として残っていたりするが、
資料としてはまったく存在しない。

大工が習慣的に、
胴差しなどの継ぎ手を左右対称としないことにはじまり、
日光東照宮の、「完全なものには魔物が取り憑く」として、
柱を1本上下逆さまに組んでいたりするのも、
だいぶ遠い話だけど、ルーツは近いと思う。
mtrlmtrl:

Compas Lamp, Noon Studio

mtrlmtrl:

Compas Lamp, Noon Studio